PAOSAMENTE
脳の活性化

分析・言語能力は左脳が司り、映像・創造力は右脳が司るという。文章によるインプットは十分にしているとすれば、より脳を活性化するために必要なことは右脳を働かせることであり、そのためにはアウトプットをする必要があるのではないか。

福島に到着した。窓の外から入ってくる涼しい風は気持ちいい。

尊敬する人が、自分より遥かに高いところにいるにも拘らず、より早いスピードで上昇していくのを感じると、どうしても焦りが生まれてくる。

自分もそのスピードで、出来ればもっと早く上に行きたい!でも、きっと早さを意識すると地に足がつかず、結局本当の成長は出来ないんだろう。

最近特に意識するのは、一流になりたいということ。成長って、成し遂げたい目的を達成するためでしょっていう議論もあるけど、正直目的が達成されたら燃え尽きてしまうような成長意欲なんて貧相だと感じる。仕事・活動自体に面白みを見出し、技量を高めていくプロセスに喜びを感じることが僕にとってはより素敵に思える。

そういう意味では、社内外の諸先輩方が仰るような「目の前の仕事に一生懸命になるべき」というアドバイスは、人生を楽しむコツのようなものなのかもしれない。

ただ、将来のイメージは持ち続けていたい。多様な才能を持つ人たちと互いを高め合う、そして才能を組み合わせて、組織のより高いパフォーマンスを引き出す。そんなイメージを持ちながら、目の前の仕事に打ち込んで行こう。

福島に到着した。窓の外から入ってくる涼しい風は気持ちいい。

尊敬する人が、自分より遥かに高いところにいるにも拘らず、より早いスピードで上昇していくのを感じると、どうしても焦りが生まれてくる。

自分もそのスピードで、出来ればもっと早く上に行きたい!でも、きっと早さを意識すると地に足がつかず、結局本当の成長は出来ないんだろう。

最近特に意識するのは、一流になりたいということ。成長って、成し遂げたい目的を達成するためでしょっていう議論もあるけど、正直目的が達成されたら燃え尽きてしまうような成長意欲なんて貧相だと感じる。仕事・活動自体に面白みを見出し、技量を高めていくプロセスに喜びを感じることが僕にとってはより素敵に思える。

そういう意味では、社内外の諸先輩方が仰るような「目の前の仕事に一生懸命になるべき」というアドバイスは、人生を楽しむコツのようなものなのかもしれない。

ただ、将来のイメージは持ち続けていたい。多様な才能を持つ人たちと互いを高め合う、そして才能を組み合わせて、組織のより高いパフォーマンスを引き出す。そんなイメージを持ちながら、目の前の仕事に打ち込んで行こう。

集中力が欲しい。アドレナリンを出したい。時間は足りてる。今できる事を短い時間でやれるようになり、疲れていてもパフォーマンスを発揮する、そんな事が出来るようなスタミナが欲しい。

集中力が欲しい。アドレナリンを出したい。時間は足りてる。今できる事を短い時間でやれるようになり、疲れていてもパフォーマンスを発揮する、そんな事が出来るようなスタミナが欲しい。

生体認証

将来的にはSuicaやクレジットカードが全て個人情報に紐付けられた上で、生体認証によって決済が行われるんじゃないかと思ったけど、生体認証って必ずしも全ての人が出来るわけじゃないからだめだな。

そう考えるとカードはなくならないか。

ハンターハンターと現実世界

ハンターハンターを読み返していると、自分の能力を高めたい気持ちが湧き上がる。

経験値や能力では敵わない相手が出てくるたびに、もともとの才能と努力によって乗り越えていく様が見ていて爽快な気分にしてくれる。

この漫画に流れている前提も心地よい。高い能力を持つためには、⑴才能、⑵努力が必要であるが、⑶人それぞれ異なる才能を持っており、⑷自分の持つ才能がどのようなものかを理解し、⑸重点的に長所となっている才能を伸ばすべきだ、というものである。

ハンターハンターの世界では、念能力という特殊能力があり、基礎能力として発・練・纒・絶という4つの能力がある。また、これらの基礎能力に基づいた上で、人によって6つある特性のうち強い能力と弱い能力がある。

この前提を現実世界に当てはめるとどのようになるだろうか。現実世界では、①感じる力、②考える力、③伝える力、④実行する力の、大きく4つの能力がある。これが念能力の基礎に当たる。ハンターハンターの世界では、この基礎の部分がしっかりしていて、淀みなく行える者がより強者であるという前提がある。現実世界でもこれらの基礎能力が高い人はどのような対象に挑んでも成功しやすいというのは誰もが感覚的に理解できるだろう。

まずは、これらを謙虚に、かつ徹底的に鍛える必要がありそうだ。


考える力は、右脳系(creativity)と左脳系(logical thinking)に分かれる。伝える力もspeakingとwritingに分かれて、結果5つの基礎能力がある。

Sensibility
Creativity 
Logical thinking 
Speaking
Writing 

これらの基礎能力の上に、どんな特殊能力がありうるだろう?業種ごとに考えてみるのも面白い。

例えば学者、例えば音楽家、小説家、経営者…

業種をビジネスマンに縛ると職種ごとに考えるのがいいかな

セールス、リサーチ、マーケター、アナリスト、バンカー、ファイナンス、hr…

とここまで書いてきて、向き不向きを考えるのも大切だけど、重要なことは好きなことをやることかな?嫌いなことで不向きなものに取り組むのは人生を無駄にする。

仕事は楽しむべし!

ハンターハンターと現実世界

ハンターハンターを読み返していると、自分の能力を高めたい気持ちが湧き上がる。

経験値や能力では敵わない相手が出てくるたびに、もともとの才能と努力によって乗り越えていく様が見ていて爽快な気分にしてくれる。

この漫画に流れている前提も心地よい。高い能力を持つためには、⑴才能、⑵努力が必要であるが、⑶人それぞれ異なる才能を持っており、⑷自分の持つ才能がどのようなものかを理解し、⑸重点的に長所となっている才能を伸ばすべきだ、というものである。

ハンターハンターの世界では、念能力という特殊能力があり、基礎能力として発・練・纒・絶という4つの能力がある。また、これらの基礎能力に基づいた上で、人によって6つある特性のうち強い能力と弱い能力がある。

この前提を現実世界に当てはめるとどのようになるだろうか。現実世界では、①感じる力、②考える力、③伝える力、④実行する力の、大きく4つの能力がある。これが念能力の基礎に当たる。ハンターハンターの世界では、この基礎の部分がしっかりしていて、淀みなく行える者がより強者であるという前提がある。現実世界でもこれらの基礎能力が高い人はどのような対象に挑んでも成功しやすいというのは誰もが感覚的に理解できるだろう。

まずは、これらを謙虚に、かつ徹底的に鍛える必要がありそうだ。

考える力は、右脳系(creativity)と左脳系(logical thinking)に分かれる。伝える力もspeakingとwritingに分かれて、結果5つの基礎能力がある。 Sensibility Creativity Logical thinking Speaking Writing これらの基礎能力の上に、どんな特殊能力がありうるだろう?業種ごとに考えてみるのも面白い。 例えば学者、例えば音楽家、小説家、経営者… 業種をビジネスマンに縛ると職種ごとに考えるのがいいかな セールス、リサーチ、マーケター、アナリスト、バンカー、ファイナンス、hr… とここまで書いてきて、向き不向きを考えるのも大切だけど、重要なことは好きなことをやることかな?嫌いなことで不向きなものに取り組むのは人生を無駄にする。 仕事は楽しむべし!
リスクの捉え方、許容範囲は持っているモノによって大きく左右される。何も持たなければ、どんな事にも挑戦できるのに、生きていくにつれ持つモノや守るべき(と考えているモノ)は増え、それらを失う怖さから一歩踏み出すことを辞めてしまう。

年を経るとともに時間の流れが早くなるのを感じる。小学校のとき、二年ごとのクラス替えは人生の一大イベントだったけれど、今の二年は欠伸をすれば過ぎて行くような感覚。歳を取れば、一年は相対的に短くなるから、仕方が無い事かもしれないけれど、これからの一年はもっと短いものになっていくはず。

やりたい事は、やらなければならない。今やりたい事は、明日には出来なくなっているかもしれないから。あの時やっておけば良かったと後悔しながら送る人生は退屈であっという間に過ぎてしまう人生だと思う。やりたい事をやり、辛い事があり、でもやりたい事だからと耐える人生の方がきっと輝かしいものだと思う。

リスクの捉え方、許容範囲は持っているモノによって大きく左右される。何も持たなければ、どんな事にも挑戦できるのに、生きていくにつれ持つモノや守るべき(と考えているモノ)は増え、それらを失う怖さから一歩踏み出すことを辞めてしまう。

年を経るとともに時間の流れが早くなるのを感じる。小学校のとき、二年ごとのクラス替えは人生の一大イベントだったけれど、今の二年は欠伸をすれば過ぎて行くような感覚。歳を取れば、一年は相対的に短くなるから、仕方が無い事かもしれないけれど、これからの一年はもっと短いものになっていくはず。

やりたい事は、やらなければならない。今やりたい事は、明日には出来なくなっているかもしれないから。あの時やっておけば良かったと後悔しながら送る人生は退屈であっという間に過ぎてしまう人生だと思う。やりたい事をやり、辛い事があり、でもやりたい事だからと耐える人生の方がきっと輝かしいものだと思う。

必要なのは整備された道じゃなくてガソリン。時間じゃなくて意欲。

必要なのは整備された道じゃなくてガソリン。時間じゃなくて意欲。

発想力は知識より大切です。知識は限られています。発想力はこのせかいを包み込みます。

発想力は知識より大切です。知識は限られています。発想力はこのせかいを包み込みます。

イントロンの発見

DNAの塩基対は28億あるが、遺伝子は10万しかない。
高等な生物の細胞のDNAには、イントロンと呼ばれる遺伝情報を伝えている部分とそうでない部分があり、両者がモザイク状にいりまじっていることがわかった。
遺伝情報はDNAの上に飛び飛びに記録されている。それを読み出すときに、イントロンと呼ばれる不要な部分を切り捨てるスプライシングという現象が起こり、必要な部分だけまとめて読み出されるということがわかった。